【English】To read the English version, click here.

【Português】Para ler a versão em português, clique aqui.

 

毎年、たくさんの人が日本で一番高い山、富士山を登山している(標高3776メートル)。登山期間は短く、簡単な登山ではないので、早めに計画を立てて、準備を始めなければならない。登山シーズンは毎年7月上旬から9月上旬ぐらいまで。しかし、日本は真夏にもかかわらず、富士山山頂は非常に冷えるので防寒対策が必要である。今年(2018年)はほとんどの登山口が7月10日にオープンし、9月10日にシーズンが終わる。

IMG_20180714_161244440_HDR

私は6月14日・15日に友だちと一緒に登った。16日は海の日だったのでこの3連休に登ることにしたが、やはり人がとても多かった。週末や連休はすごく混むので、可能であれば、登山者が少ない平日に登山した方がいいと思う。そして富士山では天気がよく変わるので、絶対に登りたいと思っていたら余裕を持って計画を立てる必要がある。7月上旬はまだ梅雨で、8月からは台風も多くなり、登れない可能性も出てくる。私たちは運がよく、天気が最高で雨一滴も降らなかったし、風も少なかった。それでも富士山の山頂ではすごく寒かった。

ルート

IMG_20180717_012810717

メインのルートは吉田ルート、富士宮ルート、須走ルートと御殿場ルートがある。一番人気のルートは山梨県側にある、吉田ルート。

吉田ルート

img_20180717_012821472.jpg

一番人気で、「簡単な」ルートである。このルートに山小屋が多く、トイレや救護所が整備されているため初心者向けだと言われている。吉田ルートならどこからでもご来光を見ることができるので、山頂まで登れなくても見ることができるし、道が混んでいるところを避けたい人は途中の山小屋などでご来光を見ることもできる。

休憩時間や渋滞を入れずに考えると登山は大体6時間、下山は大体4時間かかる。ご来光を見るために登る人は8合目を午前1時半ごろに出発するが、同じ時間に出発する人が多いので0時半に8合目を出発した方がいいと思う。8合目から山頂までの道は混むし道が狭いので進むのが遅くなる。

8合目に吉田ルートと須走ルートが分けられるので、下りるときは道を間違えないように気をつけなければならない。

富士宮ルート

IMG_20180717_012835646

富士宮ルートの出発点は吉田ルートよりも標高が高く、富士山山頂の一番高い時点に着くので、一番高い時点に行きたい人にはこのルートがいいかもしれない。吉田ルートより山小屋が少ないが、二番目に人気のルートだそうだ。

須走ルート

IMG_20180717_012830226

須走ルートは他のルートとは違う景色が楽しめるみたいで、登山道の最初のところは木など植物が多いそうだ。須走ルートもどこからでもご来光を見ることができる。

御殿場ルート

img_20180717_012842423.jpg

御殿場ルートは山小屋が少なく、経験のある人に向いている。当時私は何を考えていたのかわからないが、9年前、高校の時に登ったときは友だちと、一番大変な御殿場ルートから登った。あきらめそうになったが、同じときに訓練で登っていた自衛隊のグループが手伝ってくれて、荷物まで運んでくれたから無事に山頂に着くことができた。やはりこのルートから登るのなら十分な体力が必要で、初心者にはおすすめできない。

お鉢巡り(火口を一周すること)

DCIM101GOPROG0141876.JPG
DCIM101GOPROG0141876.JPG

今回は富士山の火口を一周することができなかったが、次回はぜひお鉢巡りをしたいと思う。一周をするのに1時間半ほどかかるみたいで、下山をする体力も必要なので、十分な体力が残っている場合のみお鉢巡りをした方がいいと思う。

ご来光

DCIM101GOPROG0131865.JPG
DCIM101GOPROG0131865.JPG

富士山の山頂で朝日を見ることが登山の目的の一つなので、夕方に登り始めて、夜八合目に着いて、休憩して夜中に山頂に出発する人が多い。達成感がすごく良くて、山頂でご来光を迎えることが幸せだと感じる。ご来光の時間が近くなるとたくさんの人が山頂に向かって歩き始めるので、渋滞が発生して進むのが遅くなる。そして山頂はとても寒いので温かくする必要がある。

1531659821013

下山

DCIM101GOPROGOPR1940.JPG
DCIM101GOPROGOPR1940.JPG

足に負担がかかるため、多くの人は下山が一番大変だと言う。私はトレッキングシューズでも足が痛かった。そして夜中に登山をすると暗くて道が見えないが、帰り道は明るいから道がはっきり見えて、歩いても歩いても着かないと感じてしまう。

持ち物

16107257_1420622491284346_7730227036807050003_o

富士山では天気がよく変わるため準備をしておくが必要。日本は真夏で、気温は30度前後だが、山頂では0度近く気温が下がることがある。晴れていても、急に霧に変わり、急に雨が降ったり、強い風が吹くこともある。

  • 25リットル前後のバックパック
  • 運動服
  • ウィンドーブレーカー(できればウォータプルーフのもの)
  • 履きやすい運動靴(できればハイカットのトレッキングシューズ)
  • キャップやニット帽
  • カッパ、雨具
  • 軍手、手袋
  • 靴下(重ねて履くといい)
  • 日焼け止め
  • 水(1.5 – 2リットル)(登山道で買うこともできるが、高い。一本400円ぐらい)
  • 行動食(シリアルバー、チョコレートなど)
  • 現金(トイレ用の小銭も必要。一回200円ぐらい)
  • 携帯電話、カメラ、予備バッテリー
  • ライト(ヘッドライトが便利)
  • ゴミ袋(ゴミを捨てるところがなく、全て持って帰る必要がある)
  • サングラス
  • 薬や絆創膏など

トイレにはトイレットペーパーが置いてあるが、ティッシュやウエットティッシュも重要。そして落石も危ないからヘルメットの使用が勧められているが、かぶっている人は見なかった。足の負担を減らすためにストックも便利で、富士山ではお土産にもなる杖が売られている。

IMG_20180714_160455050

下山をしたあと、温泉へ直行する人が多い。温泉が苦手な人にはシャワーを浴びるところも五合目にあったが、4分のシャワーが千円もする。

富士山五合目への行き方

飛行機、電車、バス、車、自転車など、行く方法がたくさんある。行きやすくて、快適で安い方法を事前に調べなければならない。バスが一番簡単で安くて疲れない方法だと思う。五合目には駐車スペースが限られているため車を止めることができないみたい。そしてツアー会社も多く、ガイド付きのツアーやガイドなしのフリープランもある。

山小屋

ほとんどの山小屋はすぐに満室になってしまうので、旅行会社を通して予約することが便利かもしれない。山小屋の外で休む人がとても多いが、とても寒くて快適ではないし、雨が降っていたら大変だと思う。山小屋のほとんどはスペースが少なく、寝袋が用意されていて一人1畳ほどで、人の出入りが激しくうるさいのでゆっくり寝ることが難しいと思う。しかし、足を休めたり、荷物の片付けたり、食事を取ったりして無事に登山を終わらせるために重要な休憩になると思う。

宿泊費は7千円ぐらい。山小屋の情報や連絡先がまとめられているサイトを見つけた(ここをクリック)。ネットで予約ができるところもある。そして食事ができるところが多く、カレーライスが定番だそうだ。

私の結論

富士山登山はとても疲れるが、やる価値はあると思う。可能であれば登山の数か月前から体づくりを始めて、前日の夜はゆっくり休んだりして体を万全な状態にすることが重要。前日にゆっくり寝ずに夕方に登り始める人が多いが、高山病になりやすく、かなりしんどいと思う。半分ぐらいの登山者が高山病になるそうだが、上に上がれば上がるほど体調が悪化してします。情報をたくさん集めて、準備をちゃんとしてから登山をしたら成功率が高くなるだろう。

IMG_20180714_180621348

 

質問、アドバイス等があれば、連絡をお願いします!:)

メールでもOK: backpackandme1@gmail.com

Anúncios

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google+

Você está comentando utilizando sua conta Google+. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s