1月に行ったインカ道(インカトレイル)!– マチュピチュ、ペルー(CAMINO INKA)

【English】To read the English version, click here.

【Português】Para ler a versão em português, clique aqui.

 

1月に行ったインカ道(インカトレイル)!タイトルに「1月」と書いたが、1月は雨期なのでこのトレッキングはしない方がいいといろんなブログに書いてあったからだ。でも、インターネットに書かれていることはすべて信じない方がいいということで、ブロガーたちの意見を無視して1月に行くことにした(笑)。最高だった。もちろん、1月に行って、最悪な経験になるかもしれないけど、私のせいにしないでください。みんなそれぞれ違う体験をしているから、これは私の意見だ。今回のバックパック旅行のときに行きたい場所全部行きたかったから、雨期にもかかわらず、1月にマチュピチュに行くことにした。そしてマチュピチュまで行って、このようなトレッキングをしないと面白くないと思う。もしろん、これも私の意見である。このトレッキングはすごーーーーく疲れるから、自然の中でしんどい思いをしたくない人は、電車やバスでマチュピチュを訪れるといいのではないかと思う。

 

DCIM100GOPROGOPR0536.JPG
DCIM100GOPROGOPR0536.JPG

IMG_20180118_103729018

マチュピチュまで行くトレッキングコースはほかにもある。例えば、サルカンタイ(Salkantay)トレッキングは5日間程かかる。たくさん歩くの好きじゃない人は2時間半程かかるワイナピチュ(Huayna Picchu)やインティプンク(Inti Punku、太陽の門)まで行ってもいいかもしれない。

私は伝統的なコース、インカ道(スペイン語だとCamino Inca、Camino Inka)を選んだ。3泊4日のトレッキングコースで、さまざまな遺跡や昔、インカの人々が通っていた道を歩くコース。1月だったから雨がたくさん降った。持っていったポンチョは大活躍した。そしてもちろん、履きやすくて防水トレッキングブーツも重要だ。トレッキング中はシャワー浴びるところがないのでウエットティッシュもとても便利。また今度、持っていくといいものを紹介する文章も書こうと思う。ツアーを予約した旅行会社だと、顔を洗うためのお湯や足を浸かるお湯も用意してくれる。こんなところで寝ることができて、素晴らしい思い出になった。

IMG_20180120_061004352_HDR

IMG_20180119_163337660

Condor Travelという旅行会社でツアーを予約したが、よく利用されていて信頼のできる会社だった。事前に多額のお金を払わないといけなくて、最初は少し不安だったが、評価がよかったから予約しておいた。2月は雨が多く、コースのメンテナンス作業が行われるてめトレッキングは禁止になる。私は1月の最後のグループに入ることができた。必要なものがすべて含まれているコースにし、815ドル。キャンプ用品、食糧、クック、ガイド、荷物を運んでくれる人たち、往復の移動、帰りの電車など、全て用意してくれた。高いと思ったが、後悔は全くしていない。もっと安い旅行会社がたくさんあるけど、荷物を運ぶ人を雇ったりすることになると思う。少ない荷物でトレッキングをするのも疲れるけど、テントや食料を持っていたらすごく大変そう。そして食事が素晴らしくて、キャンプ用品も快適で温かく、高いお金を払う価値があったと思う。

 IMG_20180119_112245780

IMG_20180118_130312841_HDR

IMG_20180118_162444585

1日目!

1日目は、ガイドさんが朝早くホステルまで迎えにきてくれて、Km 82まで移動した。トレッキングはそこから始まる。旅行会社が用意してくれたリュックに、5キロまで自分の荷物を詰め込む。歩いているときに使う水筒、お菓子、日焼け止め、タオル、カメラなどは自分のバックパックに入れる。1日目は慣れるための軽いトレッキング。クスコ(Km 82)から1泊目を過ごすワイラバンバ(Huayllabamba)まで12キロ歩く。最高標高は2943メートル。私のグループは、バイリンガルガイドさん、クックさん、荷物を運んでくれる人7人(そう!7人もいた。その人たちは思い荷物を運んでくれて、毎日キャンプをセットする、すごい人たち)、そして60代のアラスカ出身カップル。とてもいいグループだった。

IMG_20180118_093923027

IMG_20180118_154541355

 

2日目!

朝早く起こされて、高山病の症状を和らげるためのコカ茶をテントまで持ってきてくれる。

IMG_20180119_114719928

そのあと、荷物を片付けて朝ごはんをたくさん食べた。2日目はきつくて、トレッキングの一番高いポイントまで登ることになる。ワーミワニュスカ(Warmiwañusca)という山で、標高4200メートルもある。そして次のキャンプ場になる、パカイマヨ(Pacaymayo)まで歩く。標高がとても高く、7時間ほど石と泥の山道を登らないといけないからとてもしんどい。標高が高く呼吸しにくいから、少し歩いて、止まる、少し歩いて、止まる、という繰り返しだった。でも、自然の中で、谷や小鳥を見ながら歩くのが最高に気持ちよかった。

DCIM100GOPROGOPR0550.JPG
DCIM100GOPROGOPR0550.JPG

IMG_20180118_102620291

IMG_20180119_073042704

 

3日目!

3日目も、8時間歩いて、結構疲れた。3日目は2番目に高いポイント、標高3900メートルのあるルンクラカイ(Runcuracay)と、3番目に高い、標高3800メートルあるプユパタマルカ(Phuyupatamarca)を越える。この日は山を下りることが多く、膝が痛くなったり、たまった疲れを感じる日になる。そして雨がたくさん降ったため、こけないように注意しながら下りないといけなかった。

IMG_20180118_123910723

IMG_20180121_065514812

野生のリャマにも会った!人に慣れているから近づいてもリャマたちは気にしない。

DCIM100GOPROG0090510.JPG
DCIM100GOPROG0090510.JPG
DCIM100GOPROGOPR0506.JPG
DCIM100GOPROGOPR0506.JPG

 

4日目! 

最後の日!!!やっとマチュピチュにたどり着く日である。この日は2時間ぐらいだけ歩くが、たまった疲れと筋肉痛のせいで少し歩きにくい。この日はいつも以上に早起きして午前中にマチュピチュに着く。最初に3日間はずっと雨が降っていたけど、すごくラッキーなことに、最後の日に太陽が出てきてくれて、あの有名な景色を見ることができた。

IMG_20180121_085415713

IMG_20180121_100326266_HDR

マチュピチュに着いたあと、遺跡を歩き回った。発見された当時は木や草で覆われていたが、私たちが知っているマチュピチュは長い時間をかけて綺麗にされたあとの場所なのだ。立て直されたところや観光客が通るための階段が作られたりしている。トレッキング中は石が多く、上り下りが激しかったりしたから、久しぶりに平らな道を歩いた私たちはすごくうれしかった。

IMG_20180121_095818673_HDR

IMG_20180121_095419699

マチュピチュは観光客で溢れていて、どこへ行っても大きな集団がいる。トレッキングで経験したことは素晴らしく、旅のハイライトになるはずのマチュピチュはそれほど大きく感じなかった。3日間山の中をたくさん歩いた経験は言葉にできない。すごく疲れていたけど、何かを達成した気持ちになった。パスポートにスタンプを押して、観光客がよく撮るような写真もたくさん撮った。アグアスカリエンテス(Aguas Calientes)に着いたあと、マッサージをしに行くことにした。リラックスができて満足した。特にトレッキングのあとはマッサージをおすすめ。ずっとシャワーが浴びれなかったから、久しぶりにシャワー浴びてすっきりした。そこからOllantaytamboまでの電車に乗り、クスコへ戻った。電車はとても快適で、サンドイッチと飲み物を出してくれる。

IMG_20180121_091537440_LI

DCIM100GOPROGOPR0591.JPG
DCIM100GOPROGOPR0591.JPG

クスコに着いたら、急いでホステルに戻って荷物を片付けた。同じ日に夜行バスでボリビアのコパカバナ(チチカカ湖がある場所)に移動したかったからだ。すごく疲れていて全身筋肉痛だったから、これもまたクレイジーな決断だったと思う。コパカバナまで移動中ずっと10時間ぐらい寝た。そこから、チチカカ湖にある、太陽の島(Isla del Sol)まで移動した。次の投稿に太陽の島について書きます。 🙂

 

聖なる谷(VALLE SAGRADO):1月に行った聖なる谷 – VALLE SAGRADO、クスコ、ペルー(CUSCO, PERU)

今回のバックアップ旅行のTOP 10:TOP  10 – ラテンアメリカバックパック旅行のベスト10か所・経験

今回のバックアップ旅行に使ったお金:ラテンアメリカバックパック旅行! ~まとめ~

 

質問、アドバイス等があれば、連絡をお願いします!:)

メールでもOK: backpackandme1@gmail.com

 

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s