太陽の島(ISLA DEL SOL)– チチカカ湖、ボリビア(LAGO TITICACA, BOLIVIA)

【English】To read the English version, click here.

【Português】Para ler a versão em português, clique aqui.

 

インカ道を終えた後、クスコのバスターミナルまで行き、コパカバナまでのバスに乗った。プノまでしか行かないバスが多く、そこから乗り換えてコパカバナまで行かなければならないが、チチカカ(Titicaca)バス会社のバスはコパカバナまでの直行バスが出ている。プノを訪れる予定がなければこの方が便利だ。チチカカ湖はペルーとボリビアの間にあり、南米で一番大きい湖だそうだ。そして標高3812メートルの高さにあるので、世界最高所にある船が航行可能な湖として知られている。

IMG_20180122_093547133

ボリビアに入る前に、乗客がペルー出国とボリビア入国の手続きをするためにバスは境界線で止まってくれる。境界線でもお金の両替ができる。

IMG_20180122_101652634

そして10時間ほどバスで移動したあと、コパカバナに着いた。船の出発まで短い時間しかいなかったが、あまり何もなさそうな場所だった。チチカカ湖を訪れる観光客のためのレストランやお土産ショップが多かった。Isla del Solまでのチケットを購入した。多くの人は朝出発し、夕方に帰ってくるが、私は2泊島で過ごす予定だったので帰りのチケットは島で買った(当日出発のチケットしか売っていない)。

島に到着をすると、いくつかのサプライズが待っていた。まずは島の北側のホステルを予約していたが、船は北側まで行かないと言われた。どうやって行けるのか聞いたが、行き方はないと言われ、どういう意味なのか分からなかった。違う人に聞いてみたら、島の北側と南側は紛争状態なので北側に行けないと説明してくれた。仕方がなく予約していたホステルに行くのあきらめて島の南側でホステルを探すことにした。

IMG_20180122_153235981

ここでもう一つのサプライズが。この長い階段。ホステルを探すためにこのような長い階段を上らないといけなかったけど、20キロ以上のバックパックを持っていた私は上れるのかなと悩んだ。そこでブラジル人の4人組を見つけて、私がトイレに行く間に荷物を見てくれないかお願いした。その4人組もホステルを探そうとしていた。私も最初は一緒に探そうとしたが、インカ道トレッキングで足が痛くてやはり階段が上れなく、あきらめた。一番近いホステルに泊まることにした。上の部分よりも値段が高かったが、窓から見える景色が素敵だったのでよしとした。

IMG_20180122_163002167

IMG_20180122_160204066

静かな島で、ハイキングコースがたくさんあるけど、私はまだ筋肉痛に悩まされていたのであまり歩けなかった。それでも、少しだけでも歩いて島を回ろうと決めた。とても綺麗な場所で、天候もよかった。

DCIM100GOPROGOPR0647.JPG
DCIM100GOPROGOPR0647.JPG
DCIM100GOPROGOPR0640.JPG
DCIM100GOPROGOPR0640.JPG
DCIM100GOPROGOPR0638.JPG
DCIM100GOPROGOPR0638.JPG

標高も高いので、ここでもコカ茶を飲んだ。途中でこのかわいいアルパカに会って、写真を撮っていたらお金を請求するために女の子が現れた。このことを忘れていたが、アルパカの世話をしている人がいつも近くで見守っている。女の子にお金を払ったら、写真をいろいろ撮ってくれて、少し話をした。

IMG_20180123_141008915_HDR

IMG_20180123_143959863_BURST000_COVER_TOP

夕方になるとお腹がすいてきたのでホステルの近くのレストランに行った。そこで偶然にあのブラジル人4人組にまた会った。彼らはホステルを探しにいろいろ回ったらしいけど、値段はそこまで変わらないから、景色のいい島の入り口のホステルに泊まることにしたと言っていた。

次の日は朝日を見るために朝早く起きた。太陽の島という名前の島なので、朝日が綺麗ではないかと勝手に思った(笑)。運が悪く、この日の朝は太陽は出てこなかった。すごく寒かったので持っていた服を重ねてたくさん着た。そのあとホステルに戻り、まだトレッキングから休養していたから遅くまで二度寝した。この景色を見ながら朝ごはんを食べるのも最高だった。

IMG_20180123_060752607

DCIM100GOPROG0010612.JPG
DCIM100GOPROG0010612.JPG

IMG_20180123_101532045_HDR

景色がすごく綺麗だったが、少し居ずらいと感じてしまった。なぜかというと、島には観光客で溢れていて、現地の人は不満に思っているような感じがしたからだ。何人かと話していたら、現地の人は農業を主にした暮らしに慣れていたと聞いた。島の北側と南側は観光の問題で紛争状態になっていると聞いた。詳しくは知らないが、店やレストランの接客はあまりよくなかった印象を受けた。しかし、これは私の印象で、インターネットには太陽の島についてあまりネガティブなコメントが見られない。

島のいろんなところに子どもとアルパカを見かけた。子どもたちは家事やお土産ショップのお手伝いをしたりしていた。宿泊したホステルにも6歳ぐらいの女の子がいた。ある日、ホステルに宿泊していたカップルが夕食を待っている間に女の子に話をかけて遊んでいたら、私も呼ばれて折り紙をしたり一緒に遊んだ。

IMG_20180123_113531277_HDR

IMG_20180122_155954390

マス(trucha)料理は島の伝統料理の一つである。とてもおいしかった。

IMG_20180123_202628963

島をのんびり観光したあと、コパカバナに戻り、ラパスまでのバスに乗った。そこからウユニまでいく飛行機を予約していた。ウユニ塩湖はすごく行ってみたかった場所の一つ。ラパスまではまた信頼感のあるチチカカバス会社のバスを利用した。残念ながらボリビアのバスや車のほとんどはシートベルトがついていないからどきどきしながら移動した。そこで事故にあったが、バスの事故ではなく、私の足首の事故だった。湖を渡るところがあるが、船とフェリーで渡らないといけなく、バスを一旦降りる必要がある。その移動のときに注意していないときに足を捻挫してしまったのだ。残りの旅行はずっと足を引きずりながら歩くことになった。

IMG_20180124_142816232_BURST001

次の投稿はラパスに着いて書き、そのあとは念願のウユニ塩湖について書きます!

 

今回のバックアップ旅行のTOP 10:TOP  10 – ラテンアメリカバックパック旅行のベスト10か所・経験

今回のバックアップ旅行に使ったお金:ラテンアメリカバックパック旅行! ~まとめ~

 

 

質問、アドバイス等があれば、連絡をお願いします!:)

メールでもOK: backpackandme1@gmail.com

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s