ハバナ、キューバ(La Habana, Cuba) – まずは何をすればよいのか

【English】To read the English version, click here.

【Português】Para ler a versão em português, clique aqui.

 

ハバナは今回のバックパック旅行の第一か所だった。最初の計画には入っていなかったが、私たちが知っている政治体制と異なる、この国についての読んだり聞いたりしてから計画に入れようと決めた。キューバは近年変わってきていて、これからも大分変っていくと思うので、今回の旅行計画に入れて、もう少しこの国について知ろうと思った。みなさんも、キューバをもっと知りたいのなら、今すぐ行くことをおすすめします。

まずビザについて書こうと思ったが、長くなりそうだったので違う投稿にします。そして私はブラジル国籍なので、ブラジルの人を対象にポルトガル語のみにします。

IMG_20180110_130805645

ハバナに着いたときは何をすればよいのかよくわからなかった。緊張、興奮、フリーダム、幸せ、恐怖を同時に感じていた。やっと夢を一つ叶えることができてうれしかったし、何か旅行中に大変なことが起きるのではないかと心配をしていた。

ジョセマルティ国際空港に到着をしたあと、まずは両替をする場所を探した。キューバへ行くとき、ユーロを持っていた方がいいとどこかのブログで読んだ。なぜかというと、アメリカドルは10パーセントの手数料を払わないといけないからだそうだ。最終的にはドルを持っていってしまって、手数料を払うことになった。キューバでは2つの 通貨が使われている。CUC(クック、シーウーシー)とCUP(クップ、MN、モネダナシオナル)が使われている。CUCというのはキューバの兌換ペソであって、観光客が主に使う通貨である。CUPというのはモネダナショナル、つまり、国民が日常生活の食材などに使う通貨なので、観光客はあまり見かけない通貨である。

IMG_20180111_134628904

通貨の違いをどう見分けるのか?上の写真の兌換ペソ、CUCの写真。「Pesos convertibles(兌換ペソ)と書いてあって、モニュメントや偉人の像が描かれている。モネダナショナル、CUPはチェ・ゲバラやジョセ・マルティ、カミロ・シエンフエゴスなどのキューバの英雄たちが描かれている。私はCUPを両替していないしおつりとしてもらっていないから実際に見ていない。キューバの人はCUPで給料をもらっていて、下の写真の店のようなところで食材などを買っているみたい。CUCは米ドルと同じ金額で、25CUPである。

IMG_20180110_165935020

両替をしたあと、街の中心までタクシーでいくらかかるか確認した。25CUC(25ドル)と言われたが、高いと思ったので、タクシーをシェアをする人を待つことにした。一人で旅行をしているバックパッカーが多く、節約をしたい人がほとんどなので見つけやすかった。ニュージーランドの女の子とタクシーをシェアすることになった。一人15CUC払うことになった。彼女はもっと安くするためにもう一人待って、シェアをしたいと言ったが、タクシーの順番を整理している係の人に、待たないで乗るように言われた。3人でシェアをしても一人15CUCになると言っていて、それは不公平だと思ったが、文句を言っても聞いてくれないからタクシーの乗って宿に向かった。

そのニュージーランド出身の女の子は既に半年世界を旅行をしていたが、私はバックパック旅行を始めたばかりだった。彼女はホステルに泊まると言っていたけど、キューバにホステルがあるということを知らなかった。キューバでは民宿(casa particular)を予約しないといけないと聞いていて、それ以上調べなかったから知らなかった。一泊30CUCで、少し高かったが、casa particularに泊まってよかったと思う。Casa particularはキューバの人が住むようなマンションが多く、観光客に貸しているところで、キューバの人の暮らしが近くで見ることができる。例えば、エレベーターで現地の人にあいさつしたりちょっとした会話をするのが楽しかった。お金をもっと節約するために最後の日をキャンセルして、ホステルに泊まることにした(一泊10CUC)。一人で旅行しているバックパッカーの女の子がたくさんいた。

IMG_20180109_184326947

上の写真は私が泊まったcasa particularのリビングルームの写真。ホームページ(www.yourcasaparticular.com)に入れば部屋を簡単に予約することができる。ホームページにはこのようなレンタルサービスの始まりについても書かれている。下の写真は泊まったところの窓の景色だ。

IMG_20180111_160559057_HDR

昼過ぎにマンションに着いて、Wi-Fiがあるかどうか見てみたが、なかった。インターネット事情ははっきりしていなかったから、家族には、連絡ができないかもしれないと行く前に連絡していた。キューバではどうやってインターネットが使えるのか知らなかった。晩御飯を買いに行ったとき、店員さんにどこでWi-Fiが使えるのか聞いてみたが、外に指をさして「そこで使えるよ」と言ってくれた。確かに広場のベンチに座って、スマフォをいじっている人がたくさんいた。接続してみたけどつながらなかったから宿に帰ることにした。オフラインマップのアプリダウンロードしていなくて、迷子になるのが怖かったから早めに帰った。ラッキーなことに、泊まっていたマンションのオーナーさんはキューバの通信会社のEtecsaで働いていると聞いて、次の日インターネットについて聞くことにした。

次の日の朝、オーナーさんの会社に向かった。住所を教えてもらっていたけどどこにあるのかよくわからなかった。タクシーで行くように言われたが歩いて行くことにして、Habana Vieja(直訳:古いハバナ)からCentro Habana(直訳:ハバナ中心)までたくさん歩いた。道を聞きながら行ったが、私のポルトニョール(ポルトガル語を混ぜたスペイン語)が通じてうれしかった。Etecsaに着くとオーナーさんに会って、とても優しくいろいろ教えてくれた。下の写真のカードを使えばインターネットに繋げることができると教えてくれた。私は5CUCの5時間分のカードを購入した(もっと短い期間のカードもある)。カードの後ろに書いてあるユーザー番号とパスワードを使って、Wi-Fiのある場所でログインをしたらすぐ使えるようになる。Wi-Fiは大きいホテルや公園・広場で使える。

IMG_20180110_123733736

IMG_20180110_115449383

いろんなところにEtecsaの店があるけど、いつも人が並んでいる。Wi-Fiのアクセスカードを買うためにみなさん並んでいると思う。道でカードを売っている人もいるみたいだが、気をつけた方がいいと言われた。Etecsaの店で買うのが安全だろうと思う。たくさんの人がどこかに集まってスマフォをいじっていたら、Wi-Fiスポットだとすぐわかるので、どこで使えるのか簡単に探すことができる。大きいホテルもほとんどWi-Fiが使えるので、ホテルの前に立って使う人もいる。治安については心配しなくてもいいみたいで、私も確かにすごく安全な国だと思ったし、キューバで強盗や盗難事件について耳にしたことがない。

IMG_20180111_201129569_BURST001

インターネットが繋がってからまず最初にMaps.MeというオフラインGPSをダウンロードした。旅行を始める前にダウンロードをしておけばよかったが、忘れてしまっていた。すごく便利なアプリで、迷子にならずにハバナの中心部分を全部歩いて観光することができた。

IMG_20180111_124803117

ニュージーランドの女の子が教えてくれたことがもう一つある。バスやツアーはホテルプラザで予約することができるということ。他の場所や旅行会社で予約することもできるが、ホテルは私の宿から近かったし便利だったのでそこでバスを予約した。ホテルプラザの中にCubanacanという旅行会社がある。Varadero(バラデロ)の日帰りツアーとTrinidad(トリニダー)までの往復のバスを予約した。ホテルの中の旅行会社でお金の両替もできるので両替をしておいた。どこかのブログにホテルだとレートがよくないと書いてあったが、そんなことはなかった。両替所はCadeca(カデカ)と言う。バスはホテルプラザを出発している。

IMG_20180112_085244975

次は、スーパーを探すことにした。スーパーは小さいしあまり何も置いていないから買いたい食糧を見つけるのが難しかった。キューバの人は基本的な食糧が配布されていて、他の物は買っているが、どんなところで食材をそろっているのか気になる。初めての買い物では水、クラッカー、パスタとイワシとトマトソースだった。違う日に、歩いていたらショッピングモールを見つけて、そこでシリアル、牛乳とソースを買った。3日間、パスタを飽きるまで食べた。

IMG_20180110_173847616

いいレストランでは一回の食事はだいたい20CUC以上だったが、5CUCで食べられるところも見つけた。

IMG_20180115_175649334

今回の投稿は思ったより長くなってしまったので、訪れた場所については次の投稿にします。ハバナは長い歴史がある。そして私たちが慣れているシステムと異なる生活に触れることができるのでユニークな場所である。インターネットや本でキューバについて読んでも、実際にキューバはどんなところなのか、どんな文化があるのか、どんな人々が住んでいるのか、行ってみないとわからない。「貧困」もたくさんある国だが、食べるものもない、ホームレスなど見かけなかった。かっこに貧困と書いたが、貧困を定義するのは簡単ではないからだ。レジャーのある贅沢な暮らしは見かけないし、空き地のような家や放置されている公共設備がたくさんあるように見えるが、教育、医療、住む場所はしっかり保障されているみたい。これがこの国の一番の裕福な特徴であるかもしれない。そして治安がとてもいい。外国人だと気づかれて話をかけられたり、タクシー勧められたりすることが多かったが、怖いという感じはなかった。

DCIM100GOPROG0040468.JPG
DCIM100GOPROG0040468.JPG

 

今回のバックアップ旅行にいくらお金を使ったのかについては前回の投稿に書きました: ラテンアメリカバックパック旅行! ~まとめ~

次回の投稿:Centro HavanaとHavana Viejaの観光スポット

 

質問、アドバイス等があれば、連絡をお願いします!:)

メールでもOK: backpackandme1@gmail.com

 

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s